血液検査 リンパ球 低い 対処法

血液検査時にリンパ球の能力が低い場合の対処法は簡単に行える

スポンサーリンク

体内の血液の中にはリンパ球と呼ばれる赤血球に含まれる免疫機能を持つ物体があります。
主な役割として怪我をした時や風邪を引いた時に、体内に侵入してくる細菌やウイルスに対しての働きを持っています。
リンパ球には3つほどの役割があり、それぞれ体内に侵入してきた細菌やウイルスの発見、侵入した細菌やウイルスに対する抗体を作る、ガン細胞などの通常では発見できない特殊な侵入物に反応すると言った働きがあります。
ちなみに抗体を作る役割の細胞が過剰に働き過ぎることによって起こる現象を、一般的にアレルギーと呼びます。
リンパ球を身体の中に多く持つ人は免疫力が高く風邪や病気にかかりにくいことを表します。
よってリンパ球が少ない人が免疫力が低いため風邪や病気、感染症になりやすくなってしまいます。
しかし反対に多く持つ人も免疫力が低い訳ではないにもかかわらず、別の感染症にかかってしまうことがあります。
これは基準値または正常値と呼ばれる適切な保持数ではなかったことにより引き起こされます。

スポンサーリンク

血液検査を行うと自分の血液に含まれる白血球の数や、白血球内に含まれる細胞の割合を知ることができます。
また血液検査によって自分がかかりやすい病気や、対処法を知ることもできます。
一般的に血液検査で基準値を下回る結果が出た場合、早期の内に病院で原因の究明と治療が必要になります。
しかし人によっては身体に表れた症状に気付かない、別の検査時に発見や重症化してから症状に気付くなどの、手遅れになってしまう悪い例もあります。
身体の免疫能力が低い状態とは、リンパが減少していることによりそれぞれの細胞の役割を十分に果たせないことになります。
減少したリンパを増やす簡単な対処法として、湯たんぽなどによる加温方法があります。
これは加温により血液の流れを良くすることによりリンパの活性化を働き掛ける方法になります。
他に食物摂取によって免疫力を補う対処法があり、こちらはバナナや淡色野菜と呼ばれる白い野菜類に含まれます。
調理法はすりおろしや千切りなど少々工夫しますが、加熱処理で成分が失われる心配がないため様々な調理法で摂取することが可能です。

スポンサーリンク