リンパ球を増やすには

リンパ球を増やすにはどうしたらよいのか

スポンサーリンク

リンパ球とは血液中の白血球の中に存在しており、病気の原因であるウィルスと戦ってそれを殺し、体の中から出す働きをしています。
リンパ球はとても大切な役割を担っているのです。
白血球中には他にも顆粒球も存在し、さらに好中球、好酸球、好塩基球の3つに分類されます。
それぞれに基準値があり、好中球は約50%、好酸球は0〜9.5%、リンパ球は約30%、単球は0〜12%ほどの割合で白血球の中に存在するのが良いのです。
しかし、何らかの原因によってリンパ球が少なくなってしまうことがあります。
その原因は、感染症や遺伝性の疾患などの白血球を減らす病気にかかっているために、ウィルスと戦ったリンパ球が排出されて減っていることが多いのです。
ですから、詳しい検査を受け、原因を探し、その病気を治療する必要があります。
また、病気でなくても少ない場合もあります。
では、これから免疫力や自然治癒力を高める働きをするリンパ球を増やすには、どうすればよいのかについて述べてみます。

スポンサーリンク

 リンパ球を増やすにはそのための治療を行っている病院もありますので、インターネットで調べてみたり、病院で相談しましょう。
他の治療を受けている最中でも併用することが可能であることも多いです。
また、リンパ球を増やすには普段の生活の中で自分で行えることもあります。
まずは、体温を上げることです。
外から体を温めましょう。
簡単にでき、リンパ球の数を増やすことができます。
次は、食事療法も効果が期待できます。
バナナにはその効果があり、中でも特に黒い斑点ができ、完熟したものがいいのです。
その他は、玉ねぎやキャベツなどの淡色野菜も有効です。
調理の際に細かく刻んだり、すりおろし、煮たり炒めたりして加熱することによって細胞壁を壊すとさらに多くの成分を摂れます。
それから、疲労がたまっていたり、精神的に緊張していたりするとリンパ球は減少します。
ですから、適度に休養し、無理のない範囲で運動をしたり、趣味を楽しむなどして疲労やストレスを溜めないようにして下さい。
 リンパ球を増やすにはこのように、病院で治療を受けたり生活習慣に気を付けて過ごすことが大切なのです。

スポンサーリンク