リンパ球 数値 高い 原因

リンパ球の数値が高いといわれた時に疑うべき原因について

スポンサーリンク

血液の成分には、赤血球や血小板と、顆粒球系と呼ばれる好酸球、好塩基球、好中球、単球(マクロファージ)、及びリンパ球系と呼ばれるT細胞、B細胞(形質細胞)とに大きく分けられます。
この顆粒球系とリンパ球系をあわせて白血球と呼びます。
リンパ球は、ウイルス感染などに対する防御の主役となり、顆粒球のうち好中球は、細菌などの異物を取り除くことで防御する主役となります。
このような役割を担っているので、生体にとっては極めて重要な役割のあるものですので、普通の健康診断などでも、必ずといっていいほど検査されます。
数値が低い(生体内にその数が少ない)と、その役割が手薄になってしまうことを意味しています。
つまり体内に侵入した細菌を排除仕切れなかったり、体内に侵入しようとしているウイルスを防御仕切れなかったりするわけです。
その結果、細菌感染症やウイルス感染症となってしまうのです。
大きく言うと、生体の免疫能力をになっていますので、数値が低下している状態は、免疫力が低下していることを示しています。

スポンサーリンク

逆に、それらの数値が高い(多くある)場合、免疫力が十分あるとも言えますが、必要以上にある場合には、感染症や細菌感染が疑われます。
正常よりも高い原因としては、細菌やウイルスが体内に侵入し、症状の有無にかかわらず感染しているかもしれないからです。
これらが体内に侵入してくると、リンパ球や好中球が、これらを排除(退治し死滅させる)しようと、一生懸命に働きます。
ある一定以上のウイルス・細菌数であると、健康状態で保有している数では、対処しきれないために、どんどんそれらを作り出し、数を増やして対応していくのです。
このようにリンパ球や好中球(白血球)が高いと医師から言われた時には、何らかの感染症が原因である可能性がありますので、より詳しい検査が必要となります。
そのほかの原因としては、白血病や肉腫、甲状腺機能亢進症、もしくは相対的な増加なども考えられますが、第一に疑うのは感染症でしょう。
相対的な増加というのは、ちょっと難しいのですが、白血球数は、実際の数で表されますが、リンパ球や好中球は、白血球の数のうちの%として示されます。
そのため、T細胞が異常に減少している場合(全体に対する%が低くなる)を考えると、逆にB細胞の%が見かけ上、高くなることを言います。
あくまでも見かけ上の増減ですが、健康な状態では、ある一定の割合で存在していますので、そこにも何らかの疾患を疑うべきです。

スポンサーリンク