リンパ球低下 原因

リンパ球低下の主な原因は栄養不足かエイズです

スポンサーリンク

リンパ球は、血液中の全白血球の2割から4割を占めています。
リンパ球低下が極端になると、リンパ球減少症と言われる状態になります。
リンパ球数の正常値は、血液1μl(マイクロリットル)当たり、成人ならば1500以上、小児では3000以上とされていますので、これよりも明らかに低い数値はリンパ球減少症と見なされます。
ただし、リンパ球低下が見られても、白血球総数が大きく低下しないケースも中にはあります。
リンパ球低下は多くの疾患で見られる現象ですが、最も多い原因が栄養失調やエイズです。
無症状の場合もあれば、発熱などの感染症が見られる場合もあり、個人差があります。
血液サンプルを採取し、リンパ球減少症か否かの診断を下しますが、原因確定には骨髄や、リンパ節のサンプル採取が必要になることもあり得ます。
その後、リンパ球低下を惹き起こしている原因の治療を行います。
治療には、γグロブリンが投与されるケースもあり、幹細胞移植が有効なケースもあります。

スポンサーリンク

さて、HIV感染など、様々な原因でリンパ球低下は生じる訳ですが、飢餓状態に陥っていたり、強度のストレスに晒されていたり、コルチコステロイド薬を使用していたり、また癌の化学療法や放射線療法を受けていたり、その様な原因でもリンパ球数が一時的に低下傾向を示す場合があります。
また、遺伝性免疫不全疾患では、重篤なリンパ球減少症が生じることもあります。
リンパ球減少症の診断ですが、そもそも軽度のリンパ球低下では、全く症状が見られないことも多いので、別の理由で血液検査を受けた際に、偶然発見されることがほとんどです。
急激にリンパ球数が低下すると、最近やウィルス、寄生虫などの感染を起こしやすくなります。
また、特定の種類のリンパ球が急激に減少している場合、エイズや特定の遺伝性免疫不全疾患を診断する重要な手がかりになり得ます。
なお、リンパ球数が低下している際の治療方法ですが、基本的には原因に基づいて決定されます。
薬剤投与に伴うものであれば、使用を中止すれば数日以内に改善します。
エイズの場合は、最低3種類の抗ウィルス薬を組み合わせて投与することで、リンパ球を増加させ、大きく生存率の向上を期待することが可能です。

スポンサーリンク