白血球多い リンパ球少ない 病気

リンパ球少ない時の病気と白血球多い時の病気の関係

スポンサーリンク

健康診断などで血液検査をすると必ず検査項目にある白血球の数値ですが、その中に含まれるているのが、リンパ球です。
リンパ球とは何でしょう。
リンパ球は白血球の中に存在していて体内に入ってきた有害な物質をやっつける為に働いている細胞です。
例えば病気で風邪やインフルエンザがありますが、悪いウイルスが体内に入ってきて、体に攻撃を与えますが悪いウイルスを退治するように働いてくれます。
そしてリンパ球が働いてこれらの感染症を治してくれます。
また風邪やインフルエンザで高熱が出たりするのは、リンパ球が戦ってくれている証拠です。
そして戦ってくれてた、残骸が鼻水や痰などが出て来ます。
戦ってくれてたあとはリンパ球少ない数値になります。
リンパ球はガンとも戦ってくれます。
血液検査でリンパ球少ない数値が出ていると、何らかの病気と戦ってくれているという事になります。
血液検査でリンパ球少ないや多いをチェックすることで健康状態を知ることが出来ます。

スポンサーリンク

白血球多い時はどうでしょうか。
検査結果で白血球多いと心配になります。
でも白血球の数値は日中の変動も多く、生活習慣でも変わってきます。
何らかの原因で白血球多い数値になる原因の因子としては、喫煙、激しい運動の直後、過度なストレスがあります。
これらの白血球多い結果が出た場合は再検査で異常なしと判断されることも多いです。
白血球の数値は普段の生活に影響を受けやすいので、検査の前には体に負担がかからないように心がけることが大事です。
白血球の働きは血液を構成する一つで体に侵入してきた有害な物質に対抗してウイルスや細菌を排除する働きを持っています。
ウイルスが侵入すると白血球の数値が多くなり有害な物質を白血球内に取り込んで消化し無害化してくれます。
細菌感染症などの病気になっている場合は白血球の数値は多くなり、また白血球は骨髄で生産される為に骨髄に異常が起こり造血機能が低下して、白血球数値は減少する事になります。
白血球増加症というのがありますが、根本の病気が治るとこの症状治まります。

スポンサーリンク