リンパ球 低い 病気 治療法

リンパ球の数値が低い病気の治療法

スポンサーリンク

リンパ球とは免疫機能をつかさどる血液細胞の一種です。
血管やリンパ管を通って体全体を循環し、ウイルスや細菌などを退治して体を守ってくれる役割を担っているもので、人間が生命を維持していくために大変重要なものなのです。
血液中にある白血球の20%から40%を占めており、主にNK細胞、T細胞、B細胞の3種類があります。
NK細胞とはナチュラルキラー細胞のことでウイルス感染や細胞の悪性化を防いでくれます。
T細胞はウイルスなどに感染した細胞を見つけ出して除去してくれます。
B細胞は外部から侵入した異物を攻撃して排除するサポートをしてくれます。
これらすべてが人間の体の中の免疫に対して重要な役割を果たしているのです。
そのためリンパ球が減少してしまうとウイルスや細菌や寄生虫に感染しやすくなり、数値が低い場合は何らかの病気にかかっていると考えられるため、一刻も早く病院で検査を受けて診断してもらうことが大変重要なのです。

スポンサーリンク

リンパ球の数値が低い場合に考えられる主な病気はエイズ、白血病やリンパ腫などのガン、遺伝性疾患、慢性感染症などが考えられます。
一刻も早く病院で検査を受けて診断をしてもらうことが重要です。
症状が軽い場合は気づかないことが多く、リンパ球の数値が低いというのは健康診断で発見されるというよりも、他に患っている病気を調べるために血液検査を受けた場合に偶然見つかることが多く発見が遅れることが多いのも特徴です。
リンパ球の数値が低い場合の治療法はまずその原因を見つけることから始まります。
遺伝性疾患やエイズなどの可能性がある場合それらについて検査することになります。
つまり、治療法は原因になっている病気を治療することによってリンパ球の数を回復させるのです。
もし、投与している薬物が原因になっている場合はその薬物の投与を中止することによって回復させることができます。
エイズの治療法は数種類の抗ウィルス薬を併用することによってT細胞を増加させて生存率を向上させていきます。

スポンサーリンク