血液検査 リンパ球 高い 原因

血液検査でリンパ球数値が高い原因

スポンサーリンク

血液検査を受けると様々な血液成分の分析結果が一週間ほどで返ってきます。
そのとき、リンパ球数値が高いと何か体に悪いことが起きているのではないか気になってしまいます。
血液検査では主に5つの成分について知ることができ、リンパ球は血液の中で一番含有量が多い成分です。
平均値としては2000マイクロリットル善吾が多く、理想としては1400〜1500マイクロリットルくらいが望ましいとされていますが人により元々高い低いが存在し、リンパ球数値が高い場合であっても普段から同じような数値であれば問題はありません。
血液検査を受けた当日の状況やその前日の状況によっても変動するため一概に病気が原因で高いとは言い切れません。
前日に普段やらないような運動をした場合や肉体労働があったなどの原因により高めに出ることもあります。
明らかにいつもより高すぎる数値が出ていることや体調がおかしいなどあれば病院での検査が必要になります。

スポンサーリンク

数値が高く出る原因としてリラックスし過ぎる生活も起因しています。
普段からあまり運動をしていないことや、甘いものをよくたべ食べること、飲酒や喫煙もリンパ球の増加を引き起こす原因になります。
また食生活が乱れることにより高めに出ることもあります。
疲労によって高めに出たり低めにでたりと体の状況に非常に左右されやすいため普段から生活リズムを見直し、食生活を改善して適度に運動をする習慣を日々積み重ねていくことで、肉体改善をすることにより数値を正常値に戻し安定させることが出来るようになります。
リラックスをすることは大事ではありますが適度にストレスも必要です。
毎日10分歩くだけでも改善していきますし、洗濯物を干すときや屈むときに前屈や背伸びをすることで全身の筋肉を伸ばしたり縮めたりすれば老廃物を適宜排出出来るようになります。
リンパ球は高すぎても低すぎても体に弊害がおきてきます。
日々小さな運動や習慣を続けていくことがとても大切です。

スポンサーリンク