血液検査 リンパ球 低い 原因

血液検査でリンパ球の数が低い原因を調べましょう

スポンサーリンク

健康診断の血液検査項目の一つ、白血球の数は重要な意味を持つことがあります。
リンパ球は白血球の一種で免疫機能を持つ血液細胞ですが白血球の中で最も運動能力は低く、異物を見つけても貪食する能力はありません。
自身がもつ抗体を使ってあらゆる異物に対して攻撃を仕掛けます。
特にウィルスなどの小さな異物に対する攻撃の中心になり、がん細胞とも戦ってくれる頼もしい細胞です。
風邪やインフルエンザによって高熱が出ているのはリンパ球がウィルスと闘っている証拠であり、この戦いの結果として鼻水やタンが排出されるのです。
この細胞の割合が低い状態では免疫機能が働きにくくなるので体内に侵入したウィルスと十分に戦えなくなり、感染症にかかる可能性が高くなります。
血液検査により1立方ミリメートル中に1500から4000個存在すれば基準値内ですから、1500個未満であれば基準より低い状態ということがわかります。
血液検査は結構いろいろな病気の診断に役立つのです。

スポンサーリンク

リンパ球の数が低い状態になる原因は、体を守るために戦った結果としてその数が減ってしまったということで、その時体内ではウィルスやがん細胞などが存在しているということになります。
数が減る原因となりそうな病気はエイズやがんなどです。
リンパ球の数が少ないことがわかれば何らかの病気に罹患していることが分かるだけでなく、その種類によってどの病気にかかっているを特定する手がかりを提供してくれます。
エイズが原因の場合、複数種類の抗ウィルス薬を組み合わせて服用しTリンパ球を増加させることで免疫機能を向上させることができます。
がんにかかっている場合はナチュラルキラー細胞が戦っています。
原因となっているエイズやがんなどの症状が治ればリンパ球数の減少も収まっていきます。
栄養失調によっても低い状態になりますが、これは過度のダイエットによる拒食症が原因であることが多いそうです。
BMIが-20を下回って身体が飢餓状態になり、骨髄の機能までが低下することにより白血球を作る能力が低くなってしまうのです。

スポンサーリンク