リンパ球 少ない 好中球 多い

リンパ球や好中球のどちらかが少ないとか多い状態の原因

スポンサーリンク

リンパ球と好中球は免疫に関係している存在ですが、働きが違うので時によりどちらかが多くなることがあります。
しかし、どちらかが多いのにどちらかが少ないという状態は病気の可能性が疑われます。
また、少ない状態が続くとウイルスなどの悪い菌による感染症や病気になりやすくなります。
リンパ球と好中球の量は検査により判明するので、定期的に病院で検査をすると良いと思います。
数値が低いことが判明した場合、すでに病気になっている可能性が高いといわれています。
しかし、精神的な影響で数値が変動している場合もあります。
免疫と精神は強いつながりがあるものなので、ストレスがかかっていると免疫機能が低下することがあります。
リンパ球や好中球も、精神的な負担に影響されて多い状態になったり少ない状態になったりしやすいそうです。
リンパ球と好中球の数値は免疫力に関係し、免疫力は病気のなりやすさに関係するので、自分にある精神的負担を見直してみると良いと思います。

スポンサーリンク

リンパ球が少ない原因と判明した時には、免疫不全症の検査も行うことになります。
また、栄養失調により異常に少なくなることがあるので、間違ったダイエットや食欲不振には要注意です。
逆に多い原因としては、血液系の異常が起きている可能性があります。
有名なものとしてはリンパ性白血病やウイルス感染で、これらの病気は進行すると生命にもかかわります。
現代的な問題としては、楽な生活やストレスです。
楽な生活とは、運動をあまりせずに糖質・飲酒・喫煙などの嗜好品が多く、不健康で不摂生な生活のことです。
このような生活はリンパ球が多くなる原因になり、生活習慣病の原因にもなります。
ストレスは、少なくする原因になります。
少なくなると免疫が低下するので、心身共に悲鳴を上げる可能性があります。
多い状態も少ない状態も良い状態とは言えないので、改善する必要があります。
免疫に関係する物質の量は検査をしないと分からないものなので、定期的な検査をすると健康体への道しるべになります。

スポンサーリンク